ひなまつり茶話会をおこないました!

 3時から8階の地域交流スペースで“ひなまつり茶話会”を開催しました。

ひなまつりは平安時代の京都で平安貴族の子女の雅びな「遊びごと」として行われていたことが起源とされています。

女性の入居者さん方も幼い頃は雛人形の前で楽しまれたことでしょう。当ホームでは豪華なひな壇の人形はありませんが、素敵な雛人形があります。それを前においしいケーキを食べながらカラオケ大会をおこないました。普段は静か方もマイクを握って十八番の歌を熱唱されていました。

すると、大阪市議会議員の辻淳子さんと大阪府会議員の中村麻衣さんが遊びに来られました! 想定外だったのですが、地域との結びつきを大切にされるお二人。入居者さんも『辻さんやんか』と声かけられていました。

そして辻議員も『ひなまつり』♪を歌わられ、和やかな雰囲気の茶話会でした!

 

 

わにわにパニックをしました!

 

 当施設には奈良にある系列の介護老人保健施設から借りている“ワニワニパニック”と“太鼓の達人”があります。

    これはゲーム機器会社のナムコが高齢者の機能訓練の一環として高齢者用に改造したもので、九州大学病院等の調査で“高齢者の身体機能を維持向上する効果が高い”という結果がでてから、全国のいろいろな施設が導入し始めたそうです。

 

 さてさて、さっそく7階の入居者さんに遊んでみませんか?とお声掛けしたところ、

皆さん興味津々!

 最初はゆっくりとワニがでてきますが、次第に速くなりたくさんのワニが!

余裕顔だった方も真剣に!

『こりゃ、すごいなぁ~。いい運動になるわ!』

ゲームと高齢者の機能訓練。近い将来には高齢者用の“ダンスマシン”も誕生するかもしれませんね

合同 秋の大運動会 PartⅠ

今日は8階の地域交流スペースにて、3階、6階、7階の入居者さん約60名に集まっていただき『秋の大運動会』を実施しました。

“玉入れ”、“テーブルボーリング”、“風船うちわ運び”など、7つの競技を用意。特別養護老人ホームローズはユニット型の介護施設なので、基本的にはユニットごと、あるいはフロアごとで行事やレクリエーションをおこなっているため、フロアを越えての行事は年に数回だけです。ですから、久しぶりに別のフロアの入居者さんと会うので、『久しぶり~』『元気?』という会話もちらほら。

さて、運動会自体も皆さん熱がこもり、それぞれのフロアの職員も参加して、ワーワー、キャーキャーと凄い盛り上がり!楽しい時間を過ごしました。入居者さんからは『いゃー、これだけ体動かしたら気持ちいいわ』、『来年も運動会してねぇ~』という声を多数いただきました。